地震津波対策

TOP>地震津波対策

 

地震や津波からお客様の設備を守るTENが提案する災害予防対策

東日本大震災では東北地方を中心に多くの製油所・油槽所等を含む物流拠点が被害に遭い、その後の復興活動や市民生活に大きな影響を与えました。
弊社から納入させていただきましたローディングアームも、津波の影響により多数被害を受け、短時間での復旧に最大限の協力をさせていただきました。
さて、地震国である日本の現状を踏まえ、弊社では万が一の大地震・大津波による桟橋設備の被害を最小限に抑えるオプションを用意しております。
いずれのオプションもローディングアームおよび周辺設備の改造もしくは更新を伴います。重量・設置スペース等の設置場所への影響もあるため、それぞれの設備で個別に検討が必要になります。

1.緊急離脱装置

大災害の際に荷役中であった場合、いち早くタンカーとローディングアームを切り離し、タンカーを沖に逃がす事が必要になります。 またその際には人命保護を最優先にするという観点から複雑な操作を必要とせず、簡単な操作で素早く緊急離脱させ、避難する事が求められます。
その様な場合には電気盤のスイッチからの信号を基に油圧操作により短時間で作動する緊急離脱装置が大きな威力を発揮します。

2.緊急離脱用アキュームレーター

災害により万が一電源が喪失した場合、通常時は油圧ポンプによる油圧力で作動する緊急離脱装置は作動できなくなります。
そのような場合に備え、昇圧した作動油を一定量蓄えたボンベを設置し、油圧ポンプが駆動しない状況でも緊急離脱可能なシステムを用意しております。

3.ローディングアームの耐震検討・耐震改造

より大きな地震の場合でもローディングアームの倒壊・損傷を避けられるように既設の設備の耐震検討を実施し、補強が必要な部位を特定します。
定期点検時の弊社工場持ち込みのタイミングを利用して改造を実施します。

お問い合わせ窓口・販売窓口はこちら

PAGE TOP