クイックカップラ(QCDC)

TOP製品・サービス>クイックカップラ(QCDC)

PAGE TOP

マリンローディングアーム・オプション

クイックカップラ(QCDC)の特長

  • (1) 海上用ローディングアーム(以下、ローディングアーム)の先端部に取り付けられ、油圧駆動によりタンカーフランジへの接続/切離し作業を迅速・安全・確実に行うことが可能です。
  • (2) 無線操縦装置との併用でワンマンコントロールが可能になり省力化に大きく貢献します。
  • (3) 大型タンカーの接続に多数使用され接続作業の迅速化・省力化を図っています。
  • (4) LNG 用についても、国産化に成功し、信頼性の向上と低コスト化を実現し、アフターサービスにも万全を期しています。

特に、自社製の油圧駆動式QCDC と緊急離脱装置を持つローディングアームメーカーは世界でも数少ない中で、デザインから製作、アフターサービスまで一貫して東京貿易エンジニアリングで行う事ができます。

クイックカップラ(QCDC)
クイックカップラ(QCDC)のご紹介。

特徴
(1) 安全性の向上:
接続フランジから離れて作業を行えるため、揺れるタンカー上の作業で、作業員が指を挟む等の危険がありません。また、極低温や高温の流体の場合にフランジ部や流体に接触する可能性がある場所から離れて作業が可能です。
(2) 作業時間の短縮:
従来のボルト接続 / 切離し作業時間と比較し、大幅な時間短縮が図れます。更に流体がLNGの場合、荷役後の厚い着氷状態においても、油圧駆動により容易に氷を破砕する事が可能です。
(3) 省人化・省力化:
無線操縦装置との併用により、タンカー上でワンマンコントロールが可能です。フランジガイドによる自動調整芯機能により芯合せ作業が容易です。
(4) 確実なシール性能:
クランプで均等に締め付けるため、確実なシール性が確保出来ると共に、タンカーフランジに応力集中が生じません。

お問い合わせ窓口・販売窓口はこちら