企業情報

TOP>企業情報(沿革)

沿革

1902年
(明治35年)
日本石油株式会社 新潟鐵工所長岡分工場として創業、石油作井機修理事業を開始
1910年
(明治43年)

株式会社新潟鐵工所の創立と共に株式会社新潟鐵工所長岡工場となる

(現ニイガタ・ローディング・システムズ株式会社 長岡工場)

1961年
(昭和36年)
米国FMC 社(チクサン社)と技術提携、ジョイント及びローディングアームの生産開始、チクサン工場新設
1970年
(昭和45年)
米国FMC 社(チクサン社)と技術提携し、バタフライバルブの生産開始
1972年
(昭和47年)
米国アームコスチール社と石油切削機の技術提携
1973年
(昭和48年)
世界最大の24B ローディングアームを納入
1987年
(昭和62年)
オーストラリア(Woodside)向け、世界最大LNG ローディングアーム納入
1988年
(昭和63年)
16BLNG ローディングアームERS リトロフィット完成
1993年
(平成5年)
大阪ガスへ自動化ローディングアーム納入
1995年
(平成7年)
KOREA GAS へ世界最大LNG ローディングアームを納入
(Woodside の大きさを更新)
1998年
(平成10年)
ISO9001 取得
2002年
(平成14年)
11 月28 日、ニイガタ・ローディング・システムズ株式会社 設立
2003年
(平成15年)
2 月26 日、ニイガタ・ローディング・システムズ株式会社 創立
2004年
(平成16年)
Society of International Gas Tanker & Terminal Operators Ltd. にて第5 世代LNG ローディングアームの最新技術に関して発表
2005年
(平成17年)
にいがた産学交流フェアに出展
2005年
(平成17年)
自社製LNG ローディングアームをサハリンLNGへ納入
2006年
(平成18年)
極低温用バタフライバルブファイヤーセーフ認定取得
2006年
(平成18年)
マリンローディングアーム用インボードアーム後転駆動装置の開発に成功
2008年
(平成20年)
1 シリンダー式LNG 用ERSユニットを開発
2015年
(平成27年)
東京貿易エンジニアリング株式会社に社名変更
2017年
(平成29年)
本社を東京都中央区八丁堀より東京都中央区京橋に移転
  • ご挨拶
  • 企業理念
  • 会社概要
  • 組織図
  • 沿革
  • コンプライアンス
  • 事業所一覧