採用情報

TOP採用情報社員メッセージ>宇土 優香

社員メッセージ

技術部 メカシステムグループ

宇土 優香

自分の携わる製品がお客様に喜ばれている瞬間を想像し設計を行います。

「私の趣味は設計です!」

いつも自己紹介の時にはこう答える私にとって、今の仕事は天職です。
現在はローディングアームの中でも、小型や中型の設計を担当しています。港湾部で使用される大型よりも使用用途が多岐にわたることから、 製品の種類も多く、常に新しい知識を吸収しなければならない業務です。
時には忙しく感じることもありますが、ふと気が付くと知識面・経験面ともに大きく成長出来ていることに気付くことがあるんですよね。

エンジニアにとってお客様の満足こそが成長剤

エンジニアとして図面に向かううえで大切にしていること。
それは、「お客様の満足感に繋がる製品を設計するという視点」です。
新規発注の案件から、数十年使い続けた製品のリプレイスの案件まで、案件の背景によって、お客様が製品に望まれることは多種多様です。 どのような要求に対しても、単に作業としての設計をするのではなく、 その先にいるお客様はどんな製品、どんな機能を求めているのかを想像しながら設計にあたる様にしているんです。
だからこそ、自分の設計した製品が、お客様の手によって動いているところを見たときの満足感は何事にも代えられません。

設計職だからこそコミュニケーションが大切

日々の業務を通じて感じること。それは、図面1つ作成するにも本当に多くの部署が関わっているということです。
その為、常に他部署とのコミュニケーションを意識して業務にあたっています。 おかげでパソコンの前では分からないお客様の想いを知れたりもするんですよね。 また、チーム内でも担当案件の進捗状況を共有しながら設計を進めるため、うまく進んでいないメンバーがいた時にはチームで協力して業務を進めるんです。 お互いに協力しながら業務にあたることで、結果的にお客様そして自分の満足感に繋がっているように感じます。

今後は1つでも多くの製品設計に携わり、エンジニアとしての幅を広げていきたいと思っています。
設計が趣味というくらい、この仕事が好きだから。